シリア
ダマスカス
中近東ってどんなトコ?
モクスワ経由アラブ行き
ダマスカス
恋したアラビー
何処かにうまい食いもんはねえのか〜
パルミラ・ボスラ
古代都市パルミラ
やっぱりお前はゲイだった
ボスラに行くだ!
ヨルダン
アンマン
ダウンタウンへ
彼はイラクからやって来た
温泉郷・ハママットマイン
イスラエル
エルサレム・死海
ヨルダン〜イスラエル国境越え
エルサレム
死海
ロシア
モスクワ
ロシア潜入
警官に捕まる
アルバートストリート
 
アラブ人&イスラム教に関するあれこれ
イスラエル・ユダヤ教に関するあれこれ

 

 
シリア

中近東ってどんなトコ?

何を隠そうノリさんは、小学校の頃に毎週毎週、日曜日にキリスト教の教会にかよっていた事がある純真無垢な少年だったのだ。ところが、ある時からこの世に神など居ない事を悟り(?)、今ではすっかり無宗教になってしまった。 まあ、そうは言っても宗教を真っ向から否定する訳でも無く、数々の聖書に書かれているエピソードはとても印象に残っていた。
そんなある日、本屋でイスラエルの本を立ち読みしていたら、聖書の中のエピソードに書かれている場所が実際に存在するという事を知って驚いた。それまでは、なんとなくおとぎ話のようでどうも実感が持てなかったのだ。 さっそく中東について調べてみると、そこには数千年前の遺跡がいたる所に今も保存されているという地域ということが分かった。
そして、ついに来年にせまってしまった、ノストラダムスの大預言で言うところの、世界終末。なんでも災いはアラブから訪れると言われているらしい。いったいそれは本当なのか?本当だとしたら俺達が阻止せねばならない!!!
イスラムのアラブ世界にも行ってみたいし、それから聖地巡礼だ。世界終末を阻止する為にも俺達は中近東に旅立たなければいけない!!!!!!!!!

モスクワ経由アラブ行き

俺達は今、モスクワを経由して中近東へ向かう飛行機の中にいる。金がないバックパッカーが中近東へ行く時に利用される、エアロフロート航空。時間はかかるがとってもリーズナブルなのだ。
それにしても、長い長〜いフライト。何かおもろい事はないもんだろうか?
俺達は、ちょうど最後尾の喫煙席にいたので、隣の空席には煙草を吸うために入れ代わり立ち代わり乗客がやって来ては煙草を一服していく。自然と暇人どうしの会話は始まることになる。
「どこから来たんだい?」「私はロシアよ」
「日本には観光かい?」「ビジネスで来たのダンサーなのよ」
「日本ではたくさん儲けたかい?」「ぜんぜん、私は金髪じゃないしブルーアイじゃないから…」そういうもんなだろうか?そんな事ないと思うけど。白人好きのみなさんに聞いてみたい。
おっお次に来たのは、、ロシア人のファッションモデルか
「六本木はとても楽しいわ、東京はニューヨークみたいね」などとのたまっている、かなりブイブイ言わしてたとみた。
ハーイ次の患者さ〜んいらっしゃ〜い。 おっ、次は日本人か、えっ何?この飛行機に乗ってる日本人は、ほとんどがヨーロッパへ向かうツアー客なのかい?
えっ俺か?俺は中東へ行くんだよ。馬鹿野郎!テロリストなんかじゃねぇ〜ぞ!!!
飛行機の中はさながら『徹子の部屋』状態となった。おかげで10時間の長丁場のフライトはあっという間にすぎていったのであった。

ダマスカス

翌日、モスクワからシリアへと向かう。飛行機の窓から見える地上は、見渡す限り砂漠ばかりだ、大丈夫なのか?。やがて飛行機はシリアの空港に着陸した。機内から外に出ると空気が乾いているせいか、なんだか唇がカサカサと乾燥してきた。ここは砂漠の国なのだ。さらに雰囲気を出すためのオブジェか? 滑走路の脇には何故か廃虚となったジャンボジェットが放置されていたりする(笑)。
今回の旅の予定は合計4カ国の国に行く予定なのだが、もしかして俺達はそうとうの馬鹿かもしれない、いやきっと馬鹿野郎だろう。4カ国行くにもかかわらず、ビザはシリアのビザしか持ってなかった。他の国のビザは現地調達だ。もうほとんど行き当たりばったり。よい子のみなさんはマネしないでね。
それにしても日本では極めてアラブの世界について情報がとっても少ない。テロリストが多発するとか、写真撮影は極端に制限されていて宗教警察が目を見張ってるとか。国境は閉鎖されたり、入国拒否されたり、そんな噂がささやかれてる、、、で、実際はどうなんだろうか? ちゃんと旅行できるのか?

市内までバスで移動。ついた先は4000年の歴史を誇るシリアの首都ダマスカスだ。俺達は旧市街の近くに宿をとった。早速、街を探検だ!。旧市街は巨大な城塞に囲まれたエリアで、その城壁の中は細い路地が入り組んでいて、その中にはスークと呼ばれる商店街と世界最古のモスクなどがある。
スークの中は、まるで映画のセットのような町並みだ。アーケード状に屋根があり、日の光がスポットライトのように差し込んでいてなかなかいい味だしている。雑貨を売っていたり、金細工を売っていたり、たくさんのアラビー達でにぎわっていた。なかなかいい街だ。
そんな中に、アイスクリーム屋を発見。そこでは食堂のような店内で食べられるようになっている。さっそくアイスを注文すると粘り気の強いアイスクリームが運ばれて来た。これがブーザ・アラビーと言うアイスらしい。初めての食感。めっちゃおいちぃ。。店内では、女、子供はもちろんヒゲのおやじ達もみんなで食べに来ている。 ブーザアラビーはちびっ子からおやじまで大人気だ。

恋したアラビー

その夜、俺達が泊まっている宿で、一人のアラビーが英語で話しかけてきた。
「日本人か?」「そうだヤバーン(日本)だ」と答える。
「ちょうど、俺は日本語を勉強してるんだ よかったら俺の部屋に遊びにこないか?」と言う。
「あぁ、じゃ〜せっかくなので」ノリさんとベンが彼の部屋に行くと、そこには2人のアラビーが居た、 彼等はヨルダンからビジネスで来たと言う。
「どうして日本語を勉強してるんだい?」
「俺には日本人の彼女がいるんだ」なんでも、以前この宿で知り合った日本人女性と恋仲になっちゃったらしい。
「日本人の女性は最高だよ!特にベットでのよがり方はアラブの女とは比べ物になんないぜ」
彼は、彼女との出会いから一緒に過ごした日々を感情たっぷりに熱〜〜〜〜く語った。
しかしバックパッカーの彼女は、やがてトルコへ1人で旅立って行ったという、かれこれ一年前の話しらしいが、その後、彼女との連絡は途絶えてしまったらしい。
彼はその日以来、彼女の事がどうしても忘れられずに本気で日本へ行くつもりになっていた。
「俺が彼女の為に書いたポエムを聞いてくれ!!!」彼はいくつかの詩を感情たっぷりに聞かせてくれた、どれも彼女に対する愛のポエムだ。
「君にお願いがあるんだが…」
「なんだい?」
「もし君が日本に帰ったら、彼女に直接連絡をとってくれないか?」
「ああ、もちろんかまわないよ」彼は彼女のアドレスと電話番号を教えてくれた。
その住所を見ると、そこには実在しない住所が書かれていた。

何処かにうまい食いもんはねえのか〜?

街を歩いているとケーキ屋の前で、たくさん人が群がっていた。そうか、ここはシリアの行列の出来る店なんだな。さっそく俺達もケーキを買ってみる。皿にのっかったケーキが出された。食べてみる、パクッ、うう、ああぁんんまぁぁ〜〜〜〜甘過ぎる〜〜〜〜!!ゲホッ、シリアのみなさん、こんなの食べてると糖尿になっちゃうよ。みんな美味しいと思ってんのかな〜。よい子のみなさんもマネしないほうがよさそうだぞ。

この国での食事は、だいたいホブスと言ってパンにコロッケやら福神漬が入った物。それはそれでうまいんだけど、砂漠地帯のためドリンクなしには食べられない。しかも朝昼晩の3食とも毎回パンばっかりって〜のもちょっとつらい。他にバリエーションはないもんだろうか?
そこで街中をくまなく探してみてはしたものの、ない、無い、ナ〜〜イ、どこもホブスしかないじゃないか!!!!!
しかし、やっと他の食べ物を発見した!!ホブスじゃない!ハンバーガーだ!!結局パンはパンなんだけど、、、、。




All right reserved. (C)nori 2000 This site is only provided by Japanese.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO