2006サッカー ドイツワールドカップ旅行記


■6月24日(土)

ドイツ・フランクフルト初日。すでに日本の敗退は決まってしまい、日本戦の試合が観られなくなってしまったが、まあ気を取り直して各国のサッカーを楽しむつもり。

羽田空港 〜関西空港〜北京〜フランクフルトと、 16時間以上かけてようやくフランクフルトの駅にたどり着いた。

街はすでにW杯一色!!駅前ではライブが行われ、駅前通りにはW杯グッズを売る店もたくさん。行き交う人もそれぞれ各国のサポーターがいたりする。寝不足&時差ぼけのノリリンには、おとぎの国に迷い込んでしまったアリスちゃんになった気がした。興奮で心臓もバクバクだ。

オレたちは風俗街にある、ファンキーでビビッドでエロティカルな韓国人が経営している宿にチェックインし、さっそく街へ。

街を歩いていると、いきなりハォォォ〜〜〜〜〜!!
ドイチェ!!!!!!

ビビビビィィィ!!!!!!!!
ぱぱぱぁぁぁ!!!!!!!!!!

サポーターはそれぞれ奇声を上げ、行き交うクルマは、ドイツの旗をはためかせ、クラクションを鳴らしまくり急発進、おまけに箱乗り。そんなクルマがバンバンやってくる!!!!!つかドイツに来るなりスゴイ展開なんですが。。。ありえないんですけど。。!!
てか、お前ら族か!!

そう、ちょうどこの日は決勝Tでドイツが勝ったのであった。
本場の盛り上がりっつーのは、マジでスゴイな(笑)
ドイツもコイツもいかれまくってる(笑)

オレたちは、ライン川で開催されているファンフェスタに向かった。
今大会から、ファンフェスタというパブリックビューイングが各都市に設置され無料で観戦できるようになっているのだ。試合はアルゼンチン対メキシコ。芝生に座りソーセージを食べながら観戦。試合はアルゼンチンが激戦の末メヒコを撃破。観客はぞろぞろと帰りはじめた。

ノリ&べんがとぼとぼと宿に向かっていると、一人のドイツ人がオレたちを見るなり「TAKAHARA!!!!」っと、叫んだ。
彼は、スシボンバーこと高原選手のファンらしい(笑)
日本人と会って嬉しいのか、はたまたそれほどまでにアイラブタカハラなのかTAKAHARAコール全開で何度も連呼。

クレイジーな高原ファンとオレたちと共に歩きながらも
TAKAHARA!!!!ちゃちゃっちゃちゃちゃ!を連発。
通り過ぎる人にもTAKAHARA!!!!と絶叫。。。。。。
TAKAHARA!!!!ちゃちゃっちゃちゃちゃ!(×100回)と連呼しながら、オレたち三人はピンク街にある宿までの道をあるいて帰った。。つか初日から濃い展開だな(笑)

本日の試合
ドイツ 2 - 0 スウェーデン
アルゼンチン 2 - 1 メキシコ

*高原直泰選手
日本代表FWの高原直泰選手は、ドイツの1部リーグ、ハンブルガーSV(シュポルト・フェライン)に所属していたが、現在はフランクフルトに移籍。スシボンバーとも呼ばれてる(笑)
*フランクフルト駅前
フランクフルト駅前は、インド人街、アラブ人街のあつまりになっている。他にも韓国人経営の店や、風俗店などもある。ある意味とってもシュールなトコ。

■6月25日(日)
ドイツが誇る超特急列車ICEに乗って次の街、ケルンへ。
日本人はケルンと呼んでいるが、列車内で会ったアメリカ人はコルンと呼んでいた。肝心のドイツ人もコルンと呼んでいた。 つまりケルンと呼んでいるのは日本人だけか?!いったい誰がケルンと呼び出したのかしらないが、まぎらわしい話だ。てか、ケルンじゃないだろ、ケルンじゃ!

ケルン駅にあった本屋に、なんとなんとMANNGAコーナーを発見。そう日本の漫画ですよマンガ!。犬夜叉、コナンくん、ドラゴンボール、手塚治、萌え系まで充実のラインナップでオレたちは激しく衝撃を受けた。ちょうど、店内で物色していた、若干オタちっくなドイツギャルは、一気に三冊もレジに持っていった。値段を見ると結構なお値段である。ドイツのオタも大変だな。。。というか、こんな形でもわが国の文化を受け入れてもらっているんだなぁ〜と、嬉しい気持ちになったノリベンであった。

ここ、ケルン駅前には巨大で歴史ある大聖堂が聳え立っておりなんともステキな街である。
さっそく、本日の宿にチェックイン。てか、この宿のエレベーター、扉が手で開け閉めしなくちゃなんないんだけど…。。。(ドイツってもうちっとまともな物を作ると思ってたんだけど。ま、そんなことはどうでもいいか)

今日のイングランドvsエクアドル戦は、とあるマーケットの吹き抜けにある大スクリーンでまったりと観戦。
ベッカムの芸術的フリーキックでイングランド勝利となった。やっぱ、決めるときに決められるベッカムってスゴイな。。

夜は、この街のファンフェスタにて、 ポルトガルvsオランダ戦を観戦。
この試合が大激戦!!!両選手とも互いに火花を散らし、激しく戦っているのだ!!!
退場者が4名を出すまでになったケンカマッチは、ポルトガルの勝利に終わった。
その過激なファイトにおもわず心が震えた。。

熱狂覚めやらぬ観衆は、ファンフェスタ会場から出てからも各国サポーターの馬鹿騒ぎ。ブラジルサポは楽器サンバのリズムを刻み、スイスサポ、イングランドサポは大声で歌を大合唱(笑)

そろそろ、オレたち日本人も大和魂をみせる時がきたようだな!。
取りい出したるは、攘夷の刀、神道無念流の振る立ち舞いを見せてやろう。
(いや、本当は単なるおもちゃのカタナだけどさ、ちょっとカッコよく言ってみたのさ(笑))
ところが、このカタナが大人気(笑)カタナを構えるとカメラのフラッシュの嵐(笑)
これで、何人殺したんだ?とか、聞かれたり。一緒に写真を撮ってくれと引っ張りダコのオレ(笑)
中には、カタナを貸してあげると突然HARAKIRI!と、叫んで切腹するヤツはいるは、オレに向かって合唱し礼をしていく白人も(笑)ってかヨーロッパのみなさんも良く知ってるな(笑)
そんなこんなで、歌って踊って騒いでの宴の夜は更けていった。。。

本日の試合
イングランド 1 - 0 エクアドル
ポルトガル 1 - 0 オランダ

つづく。。。(笑)

 


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO