マレーシア
クアラルンプール
強烈な国は何処だ?
クアラルンプール
他民族、異種格闘技国家
聖地でいいの?
バングラディシュ
ダッカ
ダッカの空港で野宿
恐怖の街ダッカ
ショドルガット
ダッカ2
おじさんパッカー
ファームゲートの学校
走る骨董品、外輪船
ボリシャル
この先行けないの?
長い長〜〜〜い船旅
どこだ少数民族チャクマ
西マレーシア
(ボルネオ島サバ州)
サンダカン
セピロックのオランくん
サンダカン
日本人墓地
今度は長距離バスかよ
コタキナバル
コタキナバル
海に浮かぶ美しい離島
サバ鉄道、通称サバテツ

 

 
ボルネオ島サンダカン

セピロックのオランくん

今は早朝の8時。東マレーシア・ボルネオ島のサンダカンにあるセピロックに着いた。あたりに人は誰もいない。来るのがちょっと早すぎたみたいだ。
ノリさん達は二日前にバングラのチッタゴンを飛び立ち、飛行機を4機乗り継いでたった今ここに着いたのだ。今までこんなに移動しまくった旅はあっただろうか?自分でも恐ろしいほどの強行群。

ここセピロックは、今や絶滅寸前の危機に瀕しているオランウータンを保護している施設だ。なんでもこのオランウータンはボルネオ島とスマトラ島の北部にしか棲息しておらず、すでに個体数は2000を割っていると言われており本当に絶滅が心配されている霊長類だ。
ここでは、親にはぐれたオランくんをきちんと野生に戻れるように教育したり、極めて野生に近い状態でオランくんを育てているという画期的な施設なのだ。

やがて9時頃になり、ようやくセピロックにも人が集まりだしてきた。
さっそくオランくんに会いにセピロックの中に突入だ!。周囲はもろに熱帯雨林のジャングル地帯といった感じで草木がやたらとデカい。そのジャングルの中を人が通れるように通路だけ木製で作られてある。
お〜〜〜いオランく〜〜〜んはるばる会いに来たぞ〜〜〜、出てこ〜〜〜〜い。
するとなにやら黒い物体Xが我々に近づいてくるではないか!!!!よくみると、オランくん!!こっこっちに歩いてくる!!!!!どっどうしよう!友好を深めようか?でも相手はサルだし。それとも臨戦体制に入っていた方がいいのか?あああああああああもう目の前にいいいいいる〜〜〜〜〜〜。すると、オランくんまるで俺達をシカトするかのように直前で森の中へ入っていった。うぉ〜〜すっすっげ〜〜、ちょっとアセッた。

プラットフォームAと呼ばれる餌場では、まもなく餌付けがおこなわれるという。しばらくすると係員がバケツに入れた餌を持って来た、すると2〜3匹のオランくん達がどこからともなくワラワラと現われはじめた。聞くところによると数年前までは、何十匹のオラン軍団が集まって来たらしいのだが、結局この日は3匹しか集まらず。あっさりと餌付けショウは終わった。そのあっさりとした餌付けショーを観て本当に絶滅を心配してしまうオレたちだった。


サンダカン

サンダカンはかつてボルネオの首都であったらしいのだが今は小さな田舎町で、1時間もあれば町を一巡り出来てしまうほどのところだ。なかなかおもしろいのは海沿いにある市場、ここはアジアらしさを感じさせてくれるナイスな所。中央マーケットの2階には屋台料理が沢山あり料理も旨くて安い。となりにあるフィッシュマーケットも強烈な所で、ナマズや雷魚は言うに及ばず、見たこともないような奇怪な魚達がところせましと並べられている。中でも驚くのが「ウミガメの生卵」などと言うワシントン条約クソくらえな商品まで売られていたりしてすごい美味と言う噂。地元の人には大人気なんだそうな。ちなみにサンダカンからは「ウミガメ産卵ツアー」という企画ツアーあるようだけど最低1泊2日の工程のタフなツアーらしいのでよっぽど暇と気合がないと行かれない。

日本人墓地

サンダカンには日本人墓地が存在すると言う。なんでもその昔、日本が貧しかった当時、この地に娼婦として来たからゆきさん達の墓なのだ。
小高い山側の斜面を登ってゆくと、サンダカンの街を見渡せる所についた。ここからは街と海の風景が一望できる眺めがいい場所だった。でもこの風景どっかで見たことがあるような気がする、海沿いにある小さい街。そっそうだ熱海にそっくりじゃないか!ここはマレーシアの熱海だったのか(笑)。
地元のおっさんに日本人墓地の場所を聞くと、これの事か?と両手を合せて仏様のゼスチャーをした、それならあそこの細い道だよと教えてくれた。
しばらく細い道を歩いてゆくと、そこには山の斜面に、何百、いや何千の墓が見えてきた。すごい数だ。しかしそのどれも中国人の墓だ。いったい何処に日本人墓地があるのか。かなり奥に入って行くと日本人墓地と書いてあるゲートがあった。そのゲートをくぐると日本人の墓石が目に入って来た。どれも明治から昭和にかけての古いものだ。娼婦として来た彼女達は現地人からも日本人からも軽視されてたと言われている。したがってこの墓は日本に背を向けて建てられている。この物語は「サンダカン八番娼婦館」の小説に記されている。

今回はとことん移動だ。今度は長距離バスかよ

コタキナバルからサンダカンまで片道航空券で来てしまった俺達。飛行機のチケットは満席で買えなかったのだ。
仕方がないので帰りは長距離バスで行く以外方法はなかった。コタキナバルに向かう為に早朝からバスに乗り込む。このバス一応禁煙らしいけど、ほとんどの乗客はそんなの関係なくタバコを吸いまくってるうえに道路の状態もかなりいいのでわりかし快適なドライブではある。しかもバスの運ちゃんにいたっては車内にロックをギンギンにかけて軽快にバスを走らせているし。(笑)
しかし数時間後、突然バスが故障してしまった。あたりには何もない一本道の路上でバスの修理を行う。
やがて修理をすませると、またしても軽快に爆走しだした。しかも今度の曲はユーロビートに変わっている。その後はマレーポップに切り替わったり、もしかしてあらゆるお客さまのニーズに合せているのか?(笑)
長時間の走行でノリさんとベンちゃんはひたすら爆睡していると、夕方近くにようやくコタキナバルに到着した。
飛行機だと40分でこれる場所なのに、バスだと8時間もかかってしまった。
あああ、体が軋むぜ。




All right reserved. (C)nori 2000 This site is only provided by Japanese.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO